最近作文してなかったのでなんか書こうかなと。
サイトを始めたころにも同じようなことを書きましたが私が思うVAPEの魅力は主に

使える、楽しむ、つながる

だと思っています。
使える→実用性。電子タバコがあれば禁煙できるとは言えませんが使ってタバコをやめた方が私も含めたくさんいるのは事実。それによって健康面でもプラスになるはず。
楽しむ→趣味としてのアイテム。そんな記事も前に書きましたね。これは非喫煙者でも夢中になれる要素がたくさんあります。

で今回は「つながる」にフォーカスに当てて書いてみます。
world_people_circle

普段からVAPE SHOPには頻繁に行って長居させてもらうことが多いんですがお客さんを見ていると電子タバコユーザーはとても幅が広いです。老若男女、20代~60代まで。店に行かない方は女性ユーザーは非常に少ないと思っているかもしれませんが女性のユーザーも意外に多いです。SNSを駆使して情報をかき集めるようなコアユーザーに男性が多いだけ。定年退職後の趣味として楽しんでいる年配の方もいます。
年齢性別だけじゃなくて全身タトゥーのイカツイお兄さんからいかにもオタクですって人まで。外国人の方もすごく多い。
そりゃそうですよね。禁煙ツールとしてだけではなくていろいろカスタマイズできるガジェットであり、おいしい煙であり、コレクションアイテムであり、ファッションアイテムでもあるとても幅広くの方を惹きつけるものなんだから。

幅だけじゃなくて深さもハンパない。使いやすさ、機能性、味、煙量などにこだわった何万という種類のパーツ、リキッド。世界中でどんどん新しいこだわりのある商品が生まれます。ドリップチップ、アトマイザー、コイル、セッティング、コットン、リキッド、MOD、バッテリーの組み合わせは無限大です。

でもまだまだ日本ではニッチな趣味で、休日に外を一日中ブラブラしていても使ってる方を見かけるほうが珍しいくらいです。
とても幅が広くて奥が深い。なのにユーザーが少ない。

だから、つながりやすい。

有名企業の幹部だったり、ほとんど日本語を話せない外国人であったり、外じゃ目を合わすのも怖いようなコワモテの方とか普段の生活ではめぐり合わないような方とでも初対面で長話したり、店を出て一緒に食事に行ったり、連絡先を交換したりすることがあります。他のアイテムじゃなかなかありません。平々凡々とした生活を送ってきた人間としては驚異のコミュニケーションツールです。しかも社交性の低い私ですら見ず知らずの方と長く話せるんですよね。自分の周りに使っている人が少ない共通の趣味なのですっごく話がしやすいです。自分の周りだけじゃなくて相手の周りも同じような状況のことが多いはず。

お店のスタッフがお客さん同士を仲良くしてもらおうと努力されているショップでは特につながりやすいです。口下手でもきっかけさえあれば話はできるのでそのきっかけをスタッフが作ってくれるのはとてもありがたいことだしお店のことも好きになります。初心者向け特化の店などで方針であえてお客さん同士を近づけないところもあると思いますが、そうでないならやって欲しいですね。スタッフがお客さんと話しているときに話に入ると「営業トークしてるんだから入ってくんなよオーラ」出されたり、複数お客さんがいてるのに後から来たお客さんをひたすら待たせているお店はがっかりです。一人で楽しむことももちろん可能なものですが、同じ趣味を持った仲間ができたほうが長続きしやすいと思うんですけどね。ということは長期的にはお店の利益にもつながるんじゃないでしょうか。
幅広いユーザーがいるということはもちろん面倒くさい人もいます。誰彼構わず他人の使っているMODやリキッドを貶したり、自分の価値観を無理やり押し付けるような心無い人が。VAPEの楽しみ方には幅があり人それぞれなのに。しかもそんな方に限ってお店では何も買わない。そういう方がしょっちゅうどっかり腰を据えてるお店はその人というより店に問題があると思うのであまり行きたくないですね。

私はSNSが苦手なのでどうしても店推しになってしまいますが、近くにショップがなくてもSNSでガンガンつながれます。FacebookではVAPEユーザーのオープンコミュニティーがたくさんあります。しがらみができて好き放題レビューを書けなくなることを恐れて大型グループのJPVapersVaprz Friendshipには参加していないし、自分から友達申請はほぼ出さない、ブログをやっていることもオープンにしていないアカウントなのにFacebookではこの半年で50人以上のVAPEユーザーの友達ができました。積極的に活用すればメーカーや海外のモッダー、ショップのスタッフやユーザーなど1000人以上の友達(という名の薄い知り合い)が簡単にできるんじゃないでしょうか。twitterでも情報交換が盛んですね。新商品の情報を知りたければInstagramもオススメです。

VAPEのイベントも増えてきました。つい最近もDay Offというイベントがありましたね。多くのイベントはどちらかというとハイエンドユーザーが集まって楽しむって感じなので初心者の方にはちょっとハードルがあるかもしれませんが、業界を盛り上げようと精力的に行動している方がたくさん参加するので師匠を見つけたりコアユーザーと知り合ういい機会かもしれませんよ。特に運営側の方は初心者だからといって見下すような人は一切いないと思います。
Facebookグループのオフ会など小規模な集まりは地方でもありますがフルオープンの大規模イベントはほぼ首都圏でしかやってません。今後は地方でもそういったイベントができるくらい業界全体が盛り上がって欲しいですね。

ネットで電子タバコを買って一人で楽しんでいる方もかなりいてると思いますが、つながるコミュニケーションツールとしても使ってみてはいかがでしょうか?
VAPEのことがもっと好きになれるかも!