KangerTech社製【SUBOX NANO】

subox nano4

■基本仕様・操作
・可変電圧機能:7w~50w
・下限抵抗値: 0.3 Ω
・カラーバリエーション:黒、紫、ピンク
アトマイザー:subtank nano
バッテリー:K box nano

■内容物

【セット内容】
・Kangertech K-Box Nano MODバッテリー ×1
・Kangertech Subtank Nano  ×1
・OCC コイル0.5オーム× 1
・OCC コイル1.5オーム ×1
・充電ケーブル
・マニュアル× 1
※電池は別売りです。
※RBAユニットは使用できません。
subox nano3

●特徴

○多くのVAPERから支持されているKangertech Subtank Miniよりワンサイズ小さいSubtank Nanoがセットになったスターターキットです、
Subox Miniと比べてバッテリー部分に若干の変更があります。
ファイアリングスイッチにあった窪みが削除され、押し心地を優先し、電圧の昇降をコントロールするプラスマイナスのボタンが若干大きくなっています。
また、スクリーンもより印象的になるように余白(?)の削除といいますか、液晶のみをしっかり表示するようになっています。
高さは変わりませんが幅がよりコンパクトになり見た目の印象がすっきりしていますね。
カラーの種類から推測するに、主に女性をターゲットにした商品かと思いますが、ブラックなんかは男性でも全く問題なく持てますね。
subox nano1
リビルダブル(手巻き)に進む予定がないのであれば、Subox miniと同じ性能ですので、こちらを選んでもいいでしょう。

Subtank Nanoについて少し補則をしておきましょうか。
小さいこともありやや熱を持ちやすく、ミスト温度もやや高めに感じられます。これはメリットとデメリットがあると私は思います。
スイーツ系のリキッドの甘い感じとミスト温度の高さは個人的にかなり好感触です。
RBAユニットが使用できませんが、SubtankのRBAユニットを使用している方はおそらく体感で50%もいないと思います。
いわゆるハイエンドのアトマイザーを所有している人たちでもSubtankをプリメイドコイル(既製品のコイル)で使用しているのを拝見します。
それはなぜか?
たぶん、楽だからです。
GenesisやらRDAやらそのリキッドにあったおいしい吸い方は沢山ありますが、セッティングをそれほど気にしなくてもSubtankならだいたいなんでもそれなりに美味しい、楽さを買われて使われているんだと思います。
かくいう私もやれChimeraやらK-LOUD GやらGenesis大好きマンですが、このSubtank Nanoをニコチケの甘いリキッドを何も考えずに吸う用にPC横に置いています0.5Ωコイルで吸うNICOTICKETの「GOT COOKIE?」が最高です。


こういう方にオススメ!

・これから始めようと思うけど大きすぎるBOX系は×な人
・セットになったものが欲しい方

●こういう人は買っちゃだめ
×コイルを手巻きにして将来的に節約したい人

販売店はこちら

Kangertech Subox Nano スターターキット ブラック