kaigi
「電子タバコに対して厚労省はネガティブキャンペーンをするだけ」ってレッテルを貼って行政関連サイトを見に行くのなんかアホくさいという方も多いと思いますが、委員会の議論や調査の資料で参考になるものは多いですよ。
知りたかったことを調査したレポートがあったので紹介します。

国内の電子タバコ使用実態青字「電子タバコにおける成分分析の手法に関する研究2)3)」から引用」
【電子タバコの認知および使用割合の調査】
・2015年1/31~2/17に15~69歳対象に、年齢階級ごと、男女別に参加人数を割り付けインターネット調査を実施(9055名より回答、有効回答8240名を分析)

結果
・48%が電子タバコを知っていた(男性53%、女性48%)。
・喫煙者は20-30%多く電子タバコを知っていた。

意外に多いですね。約半数。感覚的に3割くらいじゃないかと思ってました。喫煙者に限ると60%くらいが認知していることになるのかな。
少し前の調査ですが今年だったらそこまで大きく数値は変わってないでしょう。

・6.6%(少なくとも4.8%)が使用経験あり(男性9.2%、女性4.1%)
・約1.3%は直近30日以内での使用あり(男性1.7%、女性0.9%)
・電子タバコ現在使用者のうち、17.8%が毎日電子タバコを使用。
使用経験に2つの数値があるのはよくわかりませんが、20人に1人くらいは一度は電子タバコを吸ったことがある計算です。てことは50万人くらいは使ったことがある!?これも思っていたより多い。
男女比率は男70%女30%くらい。これは想像どうりの比率。SNSで見かけるユーザーは男性95%女性5%くらいの印象ですけどね。
直近30日以内での使用がガクンと減るのは80%くらいは満足できなかったってことになるんでしょう。この落ち方に男女比で大きな差はありませんね。
毎日使用するのはさらにガクンと減りますね。この数値を鵜呑みにすれば毎日吸うようなアクティブユーザーは全国で20000人くらいってことか。これは想像どおりですが使用者の8割以上はたまにしか吸わないのは意外です。

・電子タバコ使用者の75.3%は、紙巻きまたは手巻きタバコを併用。
・電子タバコ使用者の11.6%はNever Smoker。
なるほど、タバコをやめれてない比率がかなり高いので毎日吸うようなユーザーが少ないのかもしれませんね。私の周りでは毎日吸う方がほとんどですが併用者は半分くらいいます
タバコを一度も吸ったことのない電子タバコユーザーは11.6%。あまり考えたことないけどこんなもんか。やはり禁煙や減煙の手助けができるんじゃないかと期待して使っている方が多いということでしょう。でも9人に1人って割り合いはあなどれない比率です。たばことは完全に別物の趣味やファッションアイテムとしてとして使う方がそれだけいるってことです。

私は参考になったんですがどうでしょうか?興味がある方が多そうであれば今後も公的資料なども取り上げていこうと思います。
この委員会の資料で他にも参考になったのがあったので関連サイトに貼っときます。

関連サイト
脱タバコ社会における電子タバコ登場の意味と攻防(PDF:3,325KB)
第5,6回たばこの影響評価専門委員会の議論の整理(PDF)