公共の場、自分の家や特定の人だけが集まる場所ではないところすべてですね。
これについては賛否というよりどこまでがOKかが人それぞれ千差万別だと思います。

最近新型たばこの路上喫煙の是非がニュースになってました。
アイコスやプルームの新型たばこは自治体によっては路上喫煙規制をしているところでも対象外のようです。
電子タバコの使用についてはまだ使用者が少ないので議論すらされていないのかな。

各自治体の路上喫煙禁止条例の理由としては
副流煙の受動喫煙による健康被害
たばこの火によるやけどや服の焼け焦げ
吸殻のポイ捨て
が主なものです。
電子タバコは副流煙による健康被害は無いと言われている、仮にすれ違った人に接触してもやけどや服の焦げの心配は無い、ポイ捨てするものが無いですね。
理屈的には路上喫煙禁止地区でも吸ってもいいことになります。

電子タバコ業界の動きとしてはJET:日本電子タバコ協会が電子タバコ推進プロジェクトとしてベイプスポットステッカーの配布をしています。
これを貼ってる場所は権利者がOKしてますよというサイン。
JETの活動規模はわからないのでどれくらい貼られているかはわかりません。私はVAPESHOP以外で目にしたことはありません。
vape spot

どこでも吸っていいんじゃないの派
・ タバコじゃないんだからどこでも吸っていいでしょ。何か言われたら「これは煙じゃなくて水蒸気ですよ」って説明してるし。
・ タバコが吸える場所が減ってきたから電子タバコに変えたのにどこでも吸えなきゃ意味がないよ。
・ 禁煙の場所で吸えば人目に付くし、認知が広がるからいいんじゃないでしょうか。

確認して吸う派
・ タバコを吸ってもいいとこならどこでも吸うけど、禁煙の場所では確認してOKもらえれば吸います。
・ 公共交通機関や病院などではさすがに吸わないので確認しません。

タバコと同じ派
・ 禁煙の場所では吸いませんね。喫煙可のお店や喫煙スペースで吸ってます。
・ 嫌煙家の方も多いので煙が出るってだけで気を使ってます。

外では吸わない派
・ 煙の量が多いし見慣れないものだからヘンな物吸ってると思われたくないので外じゃ吸いませんね。

Marvの意見
時と場合によるのもありますがタバコと同じです。
ニコチンリキッドユーザーでもあるので若干周りに気を使ってます。
是非って言ってもユーザーからしたら基本的に是ですよね。
否定する方の多くは非ユーザーだと思います。

結局どこまで非喫煙者に配慮するかなのかな?
爆煙志向ではないですがタバコと比べれば大量の煙が出るのを使ってます。それを見ただけで不快に思う方が少なからずいてるので特に人が多い禁煙の場所では吸いません。
嫌煙の方は理屈じゃなくて「口から出る大量の煙=不快」くらいの感覚的なものだと思います。
煙が少なくてもeRollみたいな超小型タイプのは逆にタバコと勘違いされそうで吸いにくいです。

私も電子タバコ自体は広まって欲しいですが「どこでも吸える」を推したいわけでもないので私は喫煙可の場所だけで十分です。
ユーザーの大多数が元喫煙者、現喫煙者なので喫煙者が知ってくれたらそれでいいくらいに思ってます。
タバコに比べたらとても害がとても少ないってだけで完全無害かどうかは懐疑的なのでどちらかというと今の段階では非喫煙者が安易に手を出すものでもないと考えているのも一つ。
「VAPEに市民権を」という意味での非ユーザーへの理解を広めるための行動という理由もわかりますが時期尚早な気がします。