image

リキッドの商品説明のところに「1週間のスティープ(スティーピング)推奨」のような言葉を見かけることがありますが、
スティープとはなんのことでしょう?

直訳すると「浸漬」≒「深く浸み込ませること」になるようです。

スティーピングのやり方
やり方はさまざまなようですが、一番ポピュラーだと思われるのがフタを外して空気を入れ替えてから
1分程度シェイクして暗所に置いておく。これを毎日繰り返すことです。
直射日光は風味に悪影響があるようなので避けてください。
いろいろ見ているとフタを外したまま放置している人や、ぬるま湯につけている人などありますが、
どれが一番効率のよい方法かはわかりません。
何もしなくてもゆっくりとスティープされていくのでしばらく使う予定がない新品のリキッドなどは、
封を開けずに置いておくのもありです。

超音波洗浄機に入れるとかなり早くスティープが行えるようです。
300秒×2をワンセットで行ってみてください。2~3セットでかなり味が変化しますよ。

スティーピングするとどうなる?
主に味がまろやかになると言われています。
調味料に含まれている揮発性の最も高い化学物質はケミカルな味がするものが多く、
スティーピングすることでその物質が気化して空気を入れ替える際に出ていき、本来の味が楽しめるということです。
その他に混ざっているフレーバーなどをよく馴染ませるという意図もあるみたいです。

私は届いたらすぐに開けて一度吸ってみてから1週間程度スティーピングしています。
空気を入れ替えて振るだけのパターンです。
味がかなり変化するものもあれば一切変わらないものもあります。
化学薬品のような香り(ケミ臭)がするものはたいていスティーピングすることでその味が抜けておいしくなります。
多種のフレーバーを混ぜ合わせているリキッドなどは期間によって一番強い味が変わることもあります。
今はパイナップルの味が強いな⇒前は全然感じなかったのにイチゴの風味が出てきたのように。

現時点での感想としてはスイーツ系(とくにバニラ)、タバコ系、ナッツ系はスティープしたほうがたいていおいしくなります。
フルーツ系、メンソール系はあまり変わらないかな。Nicoticketなんかはフルーツ系でも変化します。

商品によってバラバラなので初めて使うリキッドはメーカーのサイトの商品情報を見に行くといいと思います。
中には30日くらいスティープしてくださいと書かれていることもあります。

開けたときに微妙だと思っていたリキッドが化けたり、うまいと感じたリキッドが1か月ですごく薄味になって
しまったり、いやー奥が深いですね。みなさんもいろいろ試してみましょう。

関連サイト
Act Vapeさん-自己流・LIQUIDのステープ(STEEPING)方法
RIZERのVAPE TIME♪さん-スポイトボトルのスティープ-
Daily Vapers-What is steeping?(英語)