「ある意味タバコよりも気を遣う」
この前オフ会で会った方が言っていました。
何気ないひとことでしたが心に残りました。

法令ではまだ何も明確に定められていない電子タバコの扱い。
健康促進法や路上喫煙防止条例でも規定がありません。

何も決められていないから何でもやっていいわけではなく、
何も決められていないからこそユーザーのモラルが問われています。

電子タバコの認知はまだまだされていないので多くの非喫煙者からはタバコと同様のものに見えるでしょう。
もっと悪いものに見えているかもしれません。
私はタバコの喫煙が禁止されている場所では電子タバコの使用はしないようにしています。
禁煙場所で電子タバコを吸った話を自慢げに話す方を何度か見ましたが意味がわかりません。
周りの人を不快にさせることはトラブルの原因にもなりますし、お店などにも迷惑がかかるかもしれません。

また、喫煙可能な場所でも、飲食店の場合は煙の量を出し過ぎないようにするであるとか、
隣席が近いカウンター席などの場合は席を外して吸うなり、一言断ってから吸うなどもするに越したことはありません。
私もユーザー側ですが、寿司屋のカウンター席で食事中に隣から大量のバニラの香りがする煙が流れてきたらイラっとする自信があります。

「禁止されていないのにそこまで気を遣う必要があるのか?」はい、あると思っています。
その理屈でいくと未成年の喫煙も一切問題無しになってしまいます。禁止されてないですから。
『飲食店で傷害事件、電子タバコの使用で口論に』こんな記事がニュースになるだけでさらにイメージが悪くなります。
電子タバコのイメージだけでなく、電子タバコユーザーのイメージも同時に悪くなります。
悪くなればなるほど厳しい規制を受ける可能性が上がります。

そんな損得勘定を抜きにしても、周りを不快にするかもしれないモノという認識があればまともな大人なら気を遣います。

わかったようなことを書いていますが私もまだまだ未熟者です。
自分をとりまく将来の環境は今の自分が作るという気持ちで行動するように努力します!