busi_010
電子タバコの謳い文句としてリアルタバコに比べて格安だとよく見かけますが本当でしょうか?

かなり安く済ませようと思うと中国産の激安リキッドをグリセリンやPGで割って、
3000円くらいの低電力の安いデバイスを使うとリアルタバコでいう1日1箱ペースで吸っても月に1000円程度で抑えることができます。
割るとか面倒なことをしなくても1500円~2000円程度。

 

でも、安全性が高くて旨いリキッドを満足できる煙量で吸うと・・・どうでしょう。
私はメカニカルMODやドリッパーも持っていますが、今の普段使いはM65サブタンクnanoをつけて使っています。
初期投資は14000円くらい。
さすがに入門者用とは言わないですが、今ショップで煙・味がしっかり出て初心者でも使いやすいのを聞くと勧められるのはこの辺の商品だと思います。
煙の量が多いので消費するリキッドも多くなります。私で1日3mlくらい(タバコは1日1箱でした)
アメリカンリキッドの30mlの相場は国内で買うと3000円前後だと思うのでこれを月に3本消費する計算です。
コイルも月に1度替えているので500円かかります。ニコチンベースリキッド(リキッドに混ぜる用のニコチン液)も使っています。
細かいことを言うとティッシュの消費がかなり増えるので全部コミコミで11000円くらいかな?

もともとタバコ代が月14000円くらいだから安いっちゃ安いけどそこまで変わりません。
さらに新しい商品がどんどん発売される、いろんなリキッドを試したくなるなどなど誘惑がすごい!

電子タバコを始められる方は禁煙・減煙目的、経済的理由、健康的理由などいろいろあると思いますが、
禁煙⇒ニコチンに頼らない禁煙は至難
経済的⇒切り詰めてまで吸うものか?
健康的⇒タバコよりマシだが長期的な影響などまだわからことが多い
大人の趣味として考えるのが一番よいのではないかと思います。