coil
アトマイザーの中に入っているコイルは消耗品です。
吸い方や頻度にもよりますが10日~2ヶ月くらいで寿命がきます。
こまめに洗浄することで寿命は延びますが、面倒だからそのままの方も多いはず。

なぜかショップで「はじめて買います」と言っても機器の使い方は説明してくれますが、コイルのことを丁寧に説明してくれるショップさんは少ない印象です。
コイルの寿命が来ただけで故障と勘違いして電子タバコの使用自体をやめてしまったり、アトマイザーごと買い替えてしまったりする人もいるんじゃないでしょうか?
全ての取扱いアトマイザーの交換用のコイルを置いていない店も意外に多いです。

コイルユニットの互換性は一部しかないので基本的には自分の持っている製品専用のコイルを買いましょう。
抵抗値(Ω)が何種類かある場合がありますが、専用コイルだったらどれを使っても問題ありません。
抵抗値が低いほど同じ電圧でも出る煙の量が増えます。

交換するタイミングですがサインがあります。
アトマイザーのタンクに入っているリキッドの色が黒ずんできた
煙の量が減ってきた
リキッドの味が薄くなった
リキッドの味が苦い(焦げている)味がする

だいたいいくつかが同時に起こります。

また、寿命が短くなってしまう使い方は
パフボタンを押しっぱなしにしてのチェーンスモーク
はじめて使うコイルでリキッドをアトマイザーに入れてすぐ吸う⇒最初は浸み込むまで5分は待ちましょう
VG(植物性グリセリン)比率の高いドロドロしたリキッドを使う
などです。
グリセリンの濃さは「PG/VG 25/75」「MAX VG」「HIGH VG」などとボトルに書かれていることが多いです。
比率が高いものは初心者向けのスターターキットなどには向いていません。
「PG/VG 50/50」くらいまでがいいと思います。
また興味本位でバニラエッセンスやお酒を混ぜたりしたら焦げてしまう可能性が高いですよ。

関連サイト
acr0maniaさん-Vapeの煙量が減り、リキッドが変色したのでコイル交換レビューをしてみようか!-
電子タバコ初心者の館さん-電子タバコメンテナンス講座「コイルの寿命と交換時期」-