INNOKIN社製【IsubG TANK】
isubg2

■基本仕様
素材:ステンレススチール/パイレックスガラス

サイズ:74.7×22.0mm
エアフロー調整機能(アジャスタ式)
タンク容量:4.5ml

■商品内容
IsubG TANK ×1
専用コイルx 1
isubg3

●特徴

○一番の特徴としては価格とisubではドリップチップ(吸い口)が外せなかったり、主流であるパイレックスガラスではなくポリカーボネート(有機ガラス)使用していた部分が全て変更されています。Atlantisをかなり意識したつくりになっていますね。
○独自の漏防止設計。これは漏れを100%防止するわけではありませんが、INNOKIN側がユーザー視点で漏れ対策しているそうです。○100%オーガニックコットンを採用、日本製です。日本製といわれるだけでなぜか安心できるような気がします。
○1週間ほど使用してみましたが、Atlantisに固執する理由がなければ自分はこの商品の方がイイと感じました。理由としては、コイルを新しくした際のケミカルっぽさがほとんど感じられませんでした。これはオーガニックコットンのおかげなのかな?
リキッドの飛沫もAtlantisと比べると飛んでこなくなっていると思います。さすがINNOKIN。。。。しっかり抑えるところを抑えてきますね。
コイルの交換方法が他のアトマイザーと異なりますが、自分はこっちの方が親切設計だと感じました。デメリットとしてはネジって開ける箇所が2箇所になっているので間違えてリキッド部分を空けてしまうことがあるかもしれないことと、デザイン的に底の銀色部分が広く感じてしまう点でしょうか。
しかし、アトマイザー下部を広くとっているのは、バッテリーとの接点部分の放熱するための設計だと思うのでよく考えられていると思います。
サブΩ機種ですからこういった安全面での気配りも必要ですよね。ただ安いというだけではなくて、他のライバルとなる会社のアトマイザーに足りない部分を改善して作ってる感じがひしひしと伝わってきました。

味の出方もしっかりでてますねー。サブΩ入門には本当にもってこいの機種だと自分は感じましたね。
CF SUBΩ(径がぴったり!)でもistickでも今の流行のものには大抵あうと思います。

 

 

●こういう方にオススメ!
・とりあえずサブΩの爆煙を体験してみたい!という人
・おこづかいに限りがあるのでできるだけ価格をおさえたい人

●こういう人は買っちゃだめ
×サブΩ対応バッテリーMODを持っていない人、サブΩってなに?という人

販売店はこちら
innokin 正規品 IsubG TANK【0.5Ω】 パイレックスガラスアトマイザー 22mm径 4.5mL容量

Vape Beginner様でレビューを見る【お手軽爆煙クリアロ「iSub Tank」(Innokin)レビュー】(基本的な性能は同じiSub Tankのレビューです。)


(基本的な性能は同じiSub Tankのレビューです。)