KangerTech社製【SUBTANK MINI】
subtan
■基本仕様
素材:ステンレススチール/Pyrex ガラスタンクチューブ
サイズ:65×22.2mm
エアフロー調整機能
タンク容量:4.5ml

■商品内容
・SUBTANK MINI× 1
・0.5ohm OCC (推奨ワット数15 〜 30 W)× 1個
・1.2ohm OCC (推奨ワット数12 〜 25 W)× 1個
・オーガニックコットン× 1
・RBA 0.5Ω Coil × 2
・RBA Base × 1
・予備ガラスチューブ× 1
・予備リング× 3
・ドライバー × 1
・ネジ × 2
・英語説明書
キャプチャ

●特徴
大量生産品としてはかなり革新的な商品です。はっきり言ってこれひとつあれば実用面では充分、現時点でライト層の一つのゴール地点といえる商品だと思います。
多くのVAPERさんがオススメするには理由があります、いいアトマイザーをお探しでまだ持っていない人は是非購入をオススメします。
○コイルが1.2Ωと0.5Ωがあり味重視、煙量重視を選べます。両方と充分にウマく感じられると思います。0.5Ωはバッテリーが対応しているかしっかり確認してくださいね。サブΩ対応でなくとも1.2Ωが使えるものもあるので持っているバッテリーによればそのまま使えるものもあるでしょう。
○RBAコアが付属しており、自分でコイルを巻くことも可能!RTAになるのです。これで練習してある程度慣れたら他のRDAなどにも手を出しやすいでしょう。注意点としてはビルドする際にコットンを詰め込みすぎないこと。個人的には少な目がいいと思います、またコイルギチギチにしすぎてもゆるゆるにしすぎても駄目なのでタンクいっぱいにリキッドを入れる前にコットンにリキッドをしみこませた状態で仮吸いしてからタンクになみなみ注ぎましょう。

他の注意点としては洗うときにネジや部品を落としてしまわないことです。自分は初日から部品を排水溝に落としてえらい目にあいました。
また、唯一の欠点(?)であるオーリングの赤色についても替えのOリングが発売されているので付け替えちゃいましょう。nanoのOリングもありますが、日本にはあまり入ってきていません、少したてば日本にもはいってくるでしょう。

またコイルコアに推奨Ω数が書いてありますが、自分は12-15W程度で使っています。このあたりはリキッドの相性にもよるところがありますが、あまり高い電力、電圧をかけるとコイルの寿命が縮まるのでお気をつけください。
2

●こういう方にオススメ!
・お金に糸目をつけない、とりあえずいいものが欲しいという人
・味と煙が両立できるものがいい人

●こういう人は買っちゃだめ
×サブΩについて知識がない人

●備考欄
自分も愛用しています。
色々教えられる距離にいる友人などにはこの商品を勧めることが多いです。
それはなぜかというと
1、安いものを使って「こんなものか」と思って欲しくないから
→kamry x6は古い商品なので比較するべきではないのですが、結局安いものや古いものを使ってこんなものか、とやめてしまうよりいい商品を使ってもらいVAPEを続けてもらいですからね。
2、もしハマったときに不必要なアトマイザーを複数購入した後、結局このSubtankに行き着くのが目に見えてわかっているから
→色々なスターター、アトマイザーを経由しても結局いきつくのがSubtankなのは自分自身そうでした。それまでの投資は経験にかわり商品についての知識や判断基準になったので無駄になったとは思いませんが、ならあとからはじめる人に一番オススメできる商品をすすめたいのが人情というものです。
3、RDAなどにも移行しやすくDIYならではの楽しさも体験してもらえるから
→少々気の早い話ですが、自分でコイルを巻く楽しさや、セットアップがばっちり決まったときの喜びは他のものに代えがたいです。これから一緒にVAPEを楽しもう、するならそういうものも近くにいれば教えられるのでいいのかなと思います。

関連サイト
【ActVape】様でレビューを見る。
Gabish Vape Blog – 電子タバコのひとりごと】様でレビューを見る。

販売店はこちら
■ amazonで製品情報&レビューを見る
■VAPECHK様で製品情報&レビューを見る