INNOKIN社製 【CORTEX】

CORTEX

■基本機能・操作
サイズ:全長94mm幅2.4mm厚み46mm
重量:120g
・バッテリー容量:3300mA
・温度管理機能(Ni/Ti)
・調整可能ワット数範囲: 6W-80W
・対応抵抗値:最小0.1hm ~ 1.3hm(Ni/Ti)
・温度管理レンジ:150℃ ~ 315℃ / 300°F -~600°F (TCモード)

CORTEX2

●特徴

○INNOKINが遅れて出した温度管理バッテリーの登場です。
製品開発まで15ヶ月もの期間をかけかなり力の入っていますね。プリズム機構といい、新しいデザインに挑戦する企業努力は好感を覚えます。
メーカーの発表によるといくつかの大きな特徴があります。かなりくだいて説明しますね。
・最新鋭のバッテリーを搭載し、寿命が7500年あるそうです。そこまで必要なのかは疑問ですが、それだけへたりにくく、維持しておけるのでしょう。
・IKARNO S1と呼ばれるオリジナルチップを搭載しています。実際の温度の誤差は±10℃以内を可能としており、バージョンアップ機能を搭載しており、誤差±2度温度管理を目指しているそうです。 ブレ幅が少ないことでリキッドのスィートスポットを確実に捉えることができるようになるでしょうか。
・既存の温度管理はやや不安定な波形の温度推移をしますが、CORTEXは非常になめらかな温度推移をします。シュイシュイとおさらば。
メーカー発表の温度管理推移表
・底部分にスクリーンと操作スイッチを搭載しており、非常にスタイリッシュなデザイン。
こんなところでしょうか。
INNOKINが遅れて出しただけあってかなり力のはいった商品であるのが伝わってきますね。他の商品と同じものは作らない非常に強い意志を感じます。この製品が認められていけば、遅れを取り戻すことができるでしょう。


●こういう方にオススメ!

・温度管理MODデビューを考えている方
・最先端の温度管理を体感したい方

●備考欄

販売店はこちら

Amazon【オフィスエッジ特選セット innokin【Cortex+Isub S キット】+japan vape BAND (シルバー)】