istick50 4
■基本機能・操作

サイズ:全長830mm幅450mm厚み350mm
バッテリー容量:4400mAh
・アトマイザー抵抗値計測
・調整可能電圧範囲: 2.0-10.0V
・調整可能ワット数範囲: 5.0W-50.0W
・サブΩ(0.5Ω)アトマイザーに対応(下限抵抗値は0.2Ω)

○電源ボタンを5クリックでON・OFF
○電源ボタンを3クリックでVV/VWモード切り替え
○バッテリ残量はインジケーターで表示

■内容物
・iStick50W 本体
・eGoコネクターアダプター×1
・充電用USBケーブル×1

istck50

●特徴

○USB充電、バッテリー容量も充分なので便利
○サブΩ(0.5Ω)アトマイザー対応。kangertechのsubtankやAspire Atlantisにも対応。
○可変電圧機能つきで多くのニーズに対応。普通の使い方であればこれ1本でほぼすべてのアトマイザーに対応できます。(特殊機構除く)
istick50 2

 


●こういう方にオススメ!

・kangertechのsubtankやAspire Atlantisを使ってみたいけれどどのバッテリーを買えばいいかわからないし、別売りの電池を買うのは面倒だ、という人。
・サブΩ規格や510規格やeGo規格など全部使えるものがいい、という方

●こういう人は買っちゃだめ
×ペンタイプでないとかさばるので持ちたくない人
×ボタン部分がカチャカチャ鳴るので安っぽい感じが好きではない型

●備考欄
高出力が出るタイプなので、ご使用のアトマイザーにあわせてVWを調整してお使いください。
サブΩ(0.5Ω)でないタイプであれば12w以上あげるケースはあまりないと思います。
煙が出るからといって高出力にしてしまうとコイルやアトマイザーの寿命を縮める事になります。
おいしく吸える適度な出力で楽しむことをお勧めいたします。
50Wも出力できるのでクラウドチェイス機としても使用できますし、バッテリの大容量さから普段使いとしても優秀です。
最近流行の温度管理機能はありませんが、必須ではありません。値段と価格のバランスは非常にハイレベルで仕上がっていると思います。
istick30Wでは、デザイン的にはAspire Atlantisをセットすると少し頭でっかちになっていましたが本体が大きくなっているのでほとんどの大きさのアトマイザーとの組み合わせがフィットします。

販売店はこちら

■ Amazonで製品情報&レビューを見る


レビューブログが見当たりませんでしたのでありましたらコメントで報告をお願いします。